土木とは何でしょうか?土木施工には土質の調査、盛土、法面、軟弱地盤の改善、コンクリート、河川などたくさんの施工があります。このページでは土木、土木施工について少しでも皆さんに知っていただきたく、基礎的な知識を掲載していきます。是非お役立てください。

軟弱地盤対策工法②(押え盛土工法・緩速載荷工法・載荷重工法)

押え盛土工法・緩速載荷工法・載荷重工法について




┣ 押え盛土工法・・・基礎地盤のすべり破壊を防止するため、盛土本体の側道部に押え盛土を行い、すべり抵抗を増大させる工法。

⇒ 盛土の幅が大きく増すので、盛土のり面の勾配を緩くした場合と同等の効果が期待できる。
⇒ 施工中に生じる盛土のすべり破壊に対して所要の安全率が得られない場合、盛土本体の側方部を押えて盛土の安定を図る工法。
⇒ 施工中に著しく不安定になった盛土やすべり破壊を起こした盛土の応急対策、また復旧対策として極めて有効であり適用例も多い。
⇒ 古くから行われている工法であるが、余分な盛土面積が必要であり、用地費が安く、安価な盛土材の調達が可能な場合に適する。

基礎地盤の調査結果をもとに盛土部基盤の安定性について検討するとともに、盛土背後地の地下水位処理に十分注意し、盛土のり面及びのり尻の保護についても検討する必要があります。

┣ 緩速載荷工法・・・できるだけ軟弱地盤の処理を行わないかわりに、時間をかけてゆっくり盛土を行い、盛土を放置して基礎地盤の圧密による強度の増加を図る工法。盛土端部の安定確保及び側方地盤の変形の抑制を目的として、地盤の変形等を計測しながらゆっくりと盛土を施工する工法。

⇒ 薬剤などでの地盤改良は行わず、特別な機械も必要としません。
⇒ 盛土の載荷の圧密によって強度を増加する方法で、工期に余裕がある場合は最も経済的な工法である。
⇒ 軟弱層が厚く、圧密に長時間を要する場合は、バ-チカルドレ-ン工法と併用して用いられる。

軟弱地盤対策のイメージ

┣ 載荷重工法(盛土載荷重工法)・・・盛土荷重を用いて圧密沈下を促進させるとともに強度増加を図り、盛土上あるいは隣接して設置される舗装または構造物、あるいは盛土内に埋設される構造物に生じる有害な沈下および破壊を防止するため用いられる工法で、プレローディング工法とサーチャージ工法に分類される。

⇒ プレローディング工法・・・将来構築する構造物の施工に先立ち、構造物の重量に等しいか、あるいはそ
れ以上の荷重をあらかじめ盛土などによって載荷し、圧密する。これにより、基礎地盤の圧密沈下を促進させるとともに強度増加を図り、沈下量や強度が想定した値に達したことを確認し、余盛分の荷重を取り去り、その後に構造物を構築する

⇒ サーチャージ工法・・・一般の盛土部において、計画盛土高以上に盛土を載荷し十分な圧密を加え、所要の強度に至れば、余分な荷重を除去する工法。